« 初投稿 | トップページ | 今日は »

2006年8月17日 (木)

ターゲットを絞り込む

 今日の日経新聞の消費最前線というコーナーにおいて、朝に適したコーヒーというタイトルでサントリーの「ボス begin!」が取り上げられていました。この商品の特徴は焙煎を浅めにし、豆本来の持つコクや香りを引き出し、すっきりとした味わいで朝に飲むのに適している、との事。似たような商品(朝に、と限定した意味で)でアサヒから出されているワンダのモーニングショットなどがあります。この様にコーヒー一つとっても、消費される時間や対象購買層をしぼった物をリリースするのは最近の流行の様に感じられます。また、今までのターゲットを変え、新しい消費者層を開拓し人気を博している製品もあります。その一番良い例がニンテンドーDSではないでしょうか。ソフトのラインナップを見てみましょう。脳を鍛える大人のDSトレーニング英語が苦手な大人のDSトレーニングえいご漬けしゃべる!DSお料理ナビなど明らかにターゲットが大人で20代後半、それより上がターゲットのように思えます。僕もお金に余裕があったら欲しいです笑。

 さて、前振りが長すぎました。科学技術に関する情報を提供・紹介することもコミュニケーターとしての大切な役割だと考えています。その際、科学に興味のある人集まれ!!って情報発信するのも良いのかもしれなけど、上に挙げた物のようにちょっと違った視点で科学情報を発信・紹介するのも手だと思います。その前提にあるのがしっかりしたマーケティング調査だと思います。科学情報を発信・紹介して、それを誰かが読んだり感じたりするというプロセスは、商品を開発し発売、市民が買うというプロセスに似ていると思います。市民がどのような情報を欲しがっているのか、どのような情報の示し方を望んでいるのか(たとえばラジオであったりネットであったり、ラジオ番組、テレビ・・・)を考えることも大切ではないかと感じました。そういったマーケティング調査という意味でも、サイエンスカフェを実施するのは有効であるな、と思った次第です(どういった形態・内容で人が集まるのか、など)。今、思いついたのは、ビジネスマンがお昼休みにリラックスしながら聞ける科学ラジオなんかいいんじゃないか、と思いました。そういや出前授業なども行われているようです。今度まとめて紹介したいです。

何か良いアイデアや情報をお持ちの方おりましたらコメントつけてくださいませませ。

|

« 初投稿 | トップページ | 今日は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/144098/3093859

この記事へのトラックバック一覧です: ターゲットを絞り込む:

« 初投稿 | トップページ | 今日は »